「八重桜」の時期、期間は?国内名所の開花時期も紹介!


この記事は約 2 分で読めます。

有名な桜である

ヤマトザクラやソメイヨシノに比べても

豪華に見える「八重桜」

 

かなり人気の桜と言えますね。

 

やはり気になるのは

その「八重桜」が咲く時期がいつ頃なのか?

 

そこで今回は

「八重桜」の開花時期、期間に合わせて、

4つの名所の見ごろ

についてもまとめました。

スポンサーリンク

「八重桜」ってどんな桜?

「八重桜」は

「八重桜」という桜の品種ではなく、

八重咲きに花を付ける

桜の総称が「八重桜」になります。

 

その「八重桜」は通常の桜と違い、

花弁が6枚以上あります。

 

普通の桜と違い花弁が多いため

豪華で美しく、

昔から日本でも人気が高く

たくさんの品種が作られています。

 

その種類は300種以上になるとされ、

昔から桜を好んだ人の手によって

品種改良されてきました。

 

花弁が多く華やかなことから

日本中に広められ、

今では日本中で見る事ができますね。

スポンサーリンク


「八重桜」の開花時期、期間は?

「八重桜」は

ヤマトザクラやソメイヨシノに比べて

1~2週間ほど遅く、

ソメイヨシノが散る時期に開花を始めます。

 

開花から散り始めまでの期間が

比較的長いのが特徴で、

開花時期は4月上旬から5月上旬

まで咲きます。

 

関東や関西では

4月中旬頃が一番の見頃

となっています。

「八重桜」の名所別の開花時期、期間は?

では、実際「八重桜」の名所に

どういった所があるのでしょうか?

 

そんな有名な桜の名所の時期を

4つ紹介します。

①茨城県「静峰ふるさと公園」

時期:4月中旬~5月上旬

日本の桜名所100選に

選ばれた静峰ふるさと公園では、

お祭りとして

「八重桜まつり」が開かれています。

 

「八重桜まつり」では、

約2000本の八重桜が植えられており、

満開に合わせて桜や灯籠の

ライトアップも行われています。

 

②東京都「新宿御苑」

時期:2月中旬~4月下旬

約18万坪の敷地に

約65種類もの桜が咲きます。

 

さらに、その本数は

1100本の桜が植えられており、

順次開花する桜を

長く楽しむことができます。

 

③京都府「仁和寺」

時期:4月上旬~4月中旬

京都で1番の遅咲きの桜として

有名な「御室桜」

 

歴史は古く、

江戸時代から庶民に親しまれています。

 

④大分県「一心寺」

時期:4月上旬~4月下旬

「一心寺ぼたん祭り」では、

山に囲まれた谷にある一心寺の周りに

多種多様な桜が植えられています。

 

谷の上から見下ろすことができ、

桜が絨毯のように広がることから

「桜の絨毯」と言われています。

また、

山だけでなく川も流れており、

自然を楽しめる場所となっています。

 

どうでしたか?

「八重桜」は桜の中でも特に綺麗な桜です。

 

咲いている時はもちろん、

「八重桜」はその花弁の枚数が多いことから、

散り際の桜吹雪がとても綺麗

という点でも有名です。

 

開花時期は平均すると

4月上旬から5月上旬まで咲きます。

 

あえて5月上旬を狙って、

遅めの花見を楽しむのも

良いかもしれませんね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ