墨俣城まとめ保存版!料金や営業時間、休館日、地図も紹介!

皆さんは日本の建築物における

伝統文化といえば何を思い浮かべますか?

 

おそらく、寺院や神社やお城などを

思い浮かばれた方多いのではないでしょうか。

 

そこで今日はその中で特に

「お城」について紹介していきます。

 

ピックアップするのは、

岐阜県にある「墨俣城」です。

 

今回はどんなお城なのかに合わせ、

料金や営業時間、休館日、地図など情報満載です!

さっそく見ていきましょう!

スポンサードリンク

墨俣城ってどんなお城?

墨俣城とは、岐阜県大垣市にあった

日本の戦国時代の城です。

 

織田信長の美濃侵攻の拠点として

木下藤吉郎、のちに豊臣秀吉が

本当にわずかな期間で作った

と言われている城であります。

 

わずかな期間でつくったことに起源して、

「墨俣一夜城」ということもあります。

しかしながら、

お城を見たらわかるように立派なお城です。

 

こんな立派なお城がわずかな期間で

できるわけがないということ、

1561年ないし1566年の

どちらかというところ

で今でも多くの論争が繰り広げられています。

スポンサーリンク

墨俣城の営業時間や休館日は?

□住所

岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1

 

□営業時間

午前9時から午後17時までの開館

受付締め切りは午後16時30分

 

□休館日

月曜日(その日が祝日のときはその翌日)

祝日の翌日

(その日が日曜日のときはその翌々日

その日が月曜日のときはその翌日

その日が土曜日のときはその翌週の火曜)

年末年始(12月29日から1月3日)

墨俣城の料金は?

一般の方で200円です。

(団体20人以上で150円)

 

18歳未満は無料になります。

身体障害者手帳、療育手帳及

び精神障害者保健福祉手帳の所持者

そして当該所持者の介護者は無料。

(※入館時に手帳を提示してください。)

墨俣城の見どころは?

墨俣一夜城の最大の見所と言えば、

間違い無く「桜」でしょう。

ですので、春先に行くことをお勧めします。

 

墨俣一夜城の周りには

犀川という川が流れているのですが、

その堤防沿いに約1000本、

樹齢50年を超えるソメイヨシノが

およそ2キロにわたって咲き乱れています。

 

その長い桜の道を抜けるとお城が見えてきて、

城と桜を一緒に楽しめる最高のスポットです。

 

飛騨・美濃桜33選にも選ばれており、

ライトアップされた桜とお城は

私たちを虜にします。

 

皆さんもこの機会にぜひ、

観覧してみてはいかがでしょうか?

墨俣城の交通アクセス、地図は?

 

□交通アクセス

電車、タクシー、バス利用

①JR東海道本線「穂積駅」下車、

その後タクシーで約5分。

②JR「大垣駅」下車、

その後、バス「墨俣」降車、

その後徒歩で約10分。

 

マイカー利用

名神高速道路「岐阜羽島インターチェンジ」

から約15分。

名神高速道路「大垣インターチェンジ」

から約30分

 

無料駐車場

川の土手にわずかな駐車場がありますが、

余裕はあるとは言えませんので注意しましょう。

 

Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ