称名滝&ハンノキ滝の見頃,交通は?

雪解けの時期にだけ出現する

「落差日本一の幻の滝」

あなたはご存知でしょうか?

 

落差日本一の滝といえば、

富山県の「称名滝」(しょうみょうだき)

が思い浮かぶと思います。

 

しかし雪解けの時期。

称名滝のとなりに

落差がさらに高い幻の滝、

「ハンノキ滝」

が現れるのです。

 

今回はそんな

「称名滝」「ハンノキ滝」

を合わせて紹介したいと思います。

 

称名滝&ハンノキ滝風景

 

スポンサードリンク


 

称名滝の見頃

富山県にある「称名滝」

その落差はなんと350m。

 

普段から見ることの出来る

滝の中では落差日本一を誇ります。

 

水煙を上げながら

一気に流れ落ちる様子は

迫力満点です。

 

「称名滝」では季節によって

様々な表情を見ることができます。

 

雪解けの春、緑豊かな夏

とどれも良いですが、

称名滝だけ見るなら

「紅葉の名所でもある秋」

である10月下旬から11月上旬が見頃です。

 

ハンノキ滝の見頃

立山連峰の雪解け水が多く、

その水が流れ込む春にだけ

「称名滝」のとなりに

幻の滝「ハンノキ滝」

が出現するのです。

 

その落差は500mを誇り、

なんと「称名滝」より150m

も高いのです。

 

雪解けの時期は

4月~7月

が見頃になります。
 

スポンサーリンク

 

称名滝へ行く前の注意点

称名滝探勝バスが出ています。

(大人500円、子供250円)

 

しかし、運行期間は

4月下旬~11月下旬

しかバスは運行していません

のでご注意下さい。

 

絶対必要な持ち物

水しぶきがものすごいです。
 

確実に着衣が濡れるので

着替え

は必須です。
 

称名滝周辺、人気の星空ホテル

紹介お勧めポイントは

標高1930mにあり、

満天の星空

をお楽しみ頂けます。

 

名前:弥陀ヶ原ホテル(みだがはらホテル)

料金:17,000円~(1泊2食付き)

住所:富山県中新川郡立山町

芦峅寺弥陀ヶ原

TEL:076-442-2222

駐車情報:立山駅か扇沢駅に

駐車(無料駐車場有り)

送迎バス有り

弥陀ヶ原ホテル公式ホームページはこちら

 

称名滝交通情報

 

◇電車でお越しの方

富山地方鉄道立山駅から

立山黒部貫光バス称名滝行き

下車後徒歩約30分

◇お車でお越しの方

北陸自動車道立山ICから

車で約60分後、徒歩約30分

・駐車場情報

無料(350台)

 

旅の雑談ネタ

「滝」の定義とは、

川や湖の途中に急に段差があり、

そこから水が勢い良く

落下している場所のことを指します。

 

そんな滝。

 

近年、滝は

ぜんそく、ストレス、不眠症

に有効と言われています。

 

滝には落下時に飛び散る飛沫があり、

それよりマイナスに帯電した

空気イオンがたちこめ、

そのマイナスイオン化した微粒子を

浴びるとそのような症状に有効です。

 

水量が豊かで落差が大きいほど、

その効果は高いと言われています。

 

富山観光問い合わせ

名所:ハンノキ滝・称名滝

住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺

TEL:076-462-9971

富山観光ナビ公式サイトはこちら
 

Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ