千葉から行ける「お風呂カフェ」まとめ!


この記事は約 2 分で読めます。

最近は「お風呂カフェ」が話題です。
 

カフェ気分で気軽にお風呂を楽しみながら

一休みする癒しスポットです。
 

温泉に出掛ける気軽さは、

「温泉旅行>日帰り温泉>お風呂カフェ」

と言ったところでしょうか。
 

「お風呂カフェ」は

話題としては新しいですし、

場所を探そうにも難しいものです。
 

そこで今回は

千葉から行ける「お風呂カフェ」

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


千葉から行ける「お風呂カフェ」3選!

①「極楽湯」千葉稲毛店
 

 
千葉県稲毛市にある

おすすめの「お風呂カフェ」です。
 

「極楽湯」千葉稲毛店は、

以下の料金で利用できます。
 

◇「極楽湯」千葉稲毛店利用金額

  • 平日
  • 大人:800円
    小学生以下の子供360円

  • 土日祝日
  • 大人:900円
    小学生以下の子供:410円

  • その他
  • 会員は100円OFF
    小学生以下の子供50円OFF
    3歳以下は無料

内湯にはアンチエイジングに良い

「水素風呂」、

低周波電気の刺激で疲労回復に良い

「電気風呂」があります。
 

露天風呂には独特の香りや肌触りの

「露天岩風呂」、

血行を促す「炭酸風呂」、

お湯が背中を流れる「うたた寝湯」

があります。
 

サウナには

  • 「ドライサウナ」
  • 男性向け

  • 「蒸気浴」
  • 蒸気の力で無理なく発汗可能

  • 「オートロウリュウサウナ」
  • 女性向け

があります。
 

入浴後は

「瓶牛乳」「黒酢ドリンク」「水素水」

などを飲みながら、

ゆったりくつろげます。
 

◇「極楽湯」千葉稲毛店地図情報

 
②船橋温泉「湯楽の里」
 

 
温泉を楽しんだ後も、

  • 広めのスペースとリクライニングチェア
  • 横になってゆったりできるお休み処
  • コミックコーナー

など楽しむ施設があります。
 

「湯楽の里」の入館料は、

以下のようになっています。
 

◇料金一覧

  • 平日
  • 大人:700円円
    小学生以下の子供:360円

  • 土、日、祝日、特定日
  • 大人:850円
    小学生以下の子供:460円

  • 岩盤浴
  • 35分入れ替え制:410円

お風呂の種類は、内湯だけでも多いです。

◇お風呂の種類

  • 高濃度炭酸泉
  • 1,000ppmの高濃度で血行を促進

  • アトラクション風呂
  • ジェットバス、スーパージェットバス
    シェイプアップバス

  • 白湯
  • 広い浴槽で手足を伸ばしリフレッシュ可能

  • 腰掛け湯
  • 電気風呂
  • 低周波電流で疲労回復

  • ロウリュウサウナ
  • 熱波と蒸気で発汗を促進

  • 水風呂
  • 岩盤浴
  • マイナスイオンで心身調子

◇船橋温泉「湯楽の里」地図情報

 
③大江戸温泉物語「浦安万華郷」
 

 
「浦安万華郷」の利用料金は

他の「お風呂カフェ」の倍もあり高めです。
 

◇料金一覧

  • 平日
  • 大人:1,856円
    小学生以下の子供:842円

  • 土、日、祝日
  • 大人:2,180円
    小学生以下の子供:950円

  • 特定日
  • 大人:2,504円
    小学生以下の子供:1,058円

お風呂の種類は「極楽湯」「湯楽の里」

よりも多く、38種類もあります。
 

7種類の内風呂

  • 人工炭酸泉や洞窟風呂
  • 11種類の水着露天風呂

  • 海香温泉や漢方薬湯、四季の湯

 

4種類の露天風呂

  • 海香温泉
  • コラーゲンの湯
  • ゲルマニウム風呂
  • 釜の湯

 

2種類のサウナ

  • 岩塩黄土サウナ
  • スチームサウナ

お風呂の後にくつろげるスペース

も充実しています。
 

  • テレビモニター付きリクライニングチェア
  • 横になってゆったりできる「お休み処」「くつろぎ処」
  • マンガコーナー

◇大江戸温泉物語「浦安万華郷」地図情報

 
どうでしたか?
 

どこもかなり大型で様々なサービスの

お風呂カフェです。
 

行ったこと無い方は、

まずはどんなものか気軽に行ってみましょう。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ