群馬の人気フクロウカフェは?料金相場や内容は? 

この記事は約 2 分で読めます。

今、空前のペットカフェブーム。
 

ネコやハリネズミ、爬虫類やうさぎなど

様々な動物と触れ合える

カフェが増えています。
 

そんな中、注目して欲しいのが

“フクロウカフェ”

です。
 

そんな人気のフクロウカフェが

群馬にもできたということで、

フクロウカフェの魅力や

お店をまとめました!

スポンサーリンク

フクロウカフェとは?

フクロウカフェは

他のアニマルカフェと同様に食事をしつつ

フクロウとふれあいを楽しむカフェです。
 

店内にはフクロウが数羽放たれており、

自由に触ったり

腕に乗せたりすることができます。
 

一緒に写真を撮れるカフェもあります。
 

その際はフクロウの目にフラッシュの光を

当てないようにしましょう。
 

 
フクロウは夜行性です。
 

でもだからと言って昼間は

何も活動しないわけではありません。
 

目も見えているしエサも食べます。
 

ただ、活発に行動するのは

夜の方が多いという事なのです。
 

フクロウカフェではもちろん

睡眠を取っているフクロウもいますが、

お客さんと触れ合っている

フクロウも多いのです。
 

販売店を併設しているカフェもあり、

そういう所では購入も可能です。
 

スポンサーリンク


群馬のフクロウカフェとは?

カフェは集客の為に都内や

賑やかな都市にオープンする事が多いです。
 

そんな通説を翻したのが

群馬で初めてのフクロウカフェとなった

「ふくろうカフェ 楽園」

です。
 

 
都内などでフクロウカフェを出店しているのは

企業が多いですが、

この楽園のオーナーは個人の方です。
 

元々フクロウが好きで自宅で飼育しており、

あちこちのフクロウカフェに

足を運んでいたオーナーさんが

「なぜ群馬にはフクロウカフェが

無いのだろう?」

と疑問を感じ、それならば

と実際に作ってしまったお店です。
 

森をイメージして作られた店内には

10羽を超えるフクロウが

お客さんを待っています。
 

群馬を始め、周囲の都道府県にも

フクロウが好きな人はたくさんいます。
 

実際に女性や家族連れがオープンから

連日多く訪れています。

 

そんな人たちにとってはここはまさに

“楽園”となっているのです。
 

「フクロウカフェ 楽園」詳細

ふくろうカフェのメリットは?

フクロウをペットとして

飼っている人が年々増えています。
 

「夜行性で肉食であの

大きな目がちょっと怖い」

と思っていても、

実際に触れ合うと

ふわふわの毛が気持ちよく、

腕に乗る姿が可愛らしいです。
 

でも自宅で飼えない人も多いのが事実。
 

理由としては

  • 他の動物を飼っている
  • 面倒を見る自信がない

理由は人それぞれですがそんな人達に

フクロウカフェはおすすめです。
 

 
群馬県では「楽園」以外にも

これからフクロウカフェが

きっと増える事でしょう。
 

癒しを“求めている人”がいる限り、

楽園のオーナーさんの様に

癒しを“提供する人”が現れるはずです。
 

「楽園」のオープン以降、

フクロウが好きな人達にとって群馬県は

「特別な場所」になっています。
 

休みの日には混雑して

入店できない人もいるそうなので

予約は必須です。
 

遠方のフクロウ好きさんもぜひ

旅行の際に観光プランに「楽園」を

加えてみてはいかがでしょうか?
 

Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ