日本一賢い「高校」はどこ?高偏差値ランキング神7とは!?

この記事は約 2 分で読めます。

多くの人が受験勉強などを経験したと思います。

 

そんな時、自分の目標の学校や

偏差値などを気にして勉強したと思います。

 

日本一賢い「大学」は東大!と有名ですが、

日本一賢い高校と言われると

すぐには出てこないと思います。

 

今回はそんな

日本一賢い高校についてまとめました。

スポンサーリンク

高偏差値ランキング神7「高校」は?

まずは、偏差値77以上の

高校が集まっていることから、

「神7」と話題の高偏差値の高校

を紹介したいと思います。

7:お茶の水女子大附属高校

東京の国立高校で、偏差値は77です。

 

6:開成高校

東京の私立高校で、偏差値は77です。

男子校です。

 

5:筑波大附属高校

東京の国立高校で、偏差値は77です。

 

4:筑波大附属駒場高校

東京の国立高校で、偏差値は77です。

男子校です。

 

3:東京学芸大附属高校

東京の国立高校で、偏差値は77です。

 

2:東大寺学園高校

奈良の私立高校で、偏差値は77です。

男子校です。

 

では、

ここまでは全て偏差値77でしたが、

センターにふさわしい

日本一賢い「高校」を見てみましょう。

日本一賢い「高校」はどんな学校?

日本一賢い高校は偏差値78の

兵庫県にある「灘高校」です。

 

知名度も高く知っている人も多いと思います。

 

賢い人が集める高校と言う事から

厳しい校風だとイメージ出来ますが、

なんと校風は自由なのです。

 

灘高校は中高一貫の学校で

中学では約180人、

高校で約40人が加わる約220人と

そこまで人数も多いとは言えない高校です。

 

そんな灘高校ですが、

どんな人が集まるのか気になりますが、

灘高校に入学する生徒は

各地で神童と呼ばれる程の逸材が

殆どと言われています。

 

灘高校の生徒はお互いを

天才と呼びあうそうで、

まさに神童が多く在籍している灘高校は

日本一賢い高校として

ふさわしいと言えますね。

スポンサーリンク


日本一賢い「高校」の進路は?(高校卒業後)

灘高校では

日本一賢い大学「東大」

の合格者数が1位とされています。

 

人数でいうと開成高校の方が

人数は多いのですが、

灘高校は開成高校と比べると

生徒数が半数少ない事から

割合としては灘高校が1位なのです。

 

ちなみに、

浪人した人でも殆どが1浪で

志望校に合格しています。

日本一賢い「高校」の進路は?(大学卒業後)

 

灘高文系では卒業生の多くは

弁護士か官僚になります。

 

卒業生全体のなんと

4分の1が医者

としての人生を歩むのです。

 

灘高校出身者の多くは卒業しても

エリート街道を突き進んでいる

と言えますね。

 

全国的に高校の数は多くありますが、

日本一賢い高校としては

偏差値78を誇る灘高校と言えます。

 

灘高校に入学する生徒は、

考え方や頭の回転の早さも

凡人とは比べ物にならないレベルです。

 

授業もハイレベルで、

灘高校は日本一賢い高校に

ふさわしいですね。

 

Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ