「ちゅら海水族館」の所要時間ガイド!


この記事は約 2 分で読めます。

「ちゅら海水族館」は

観賞するプログラムにもよりますが、

館内だけでも大規模な水族館なので

時間がかかります。

 

その為、予定をしっかりたてる人だと

「全部でどれくらい時間かかるの?」

と疑問に持つと思います。

 

そこで今回は

・全体を観賞した際の平均所要時間

・プログラム別の所要時間

をまとめました。
 

スポンサーリンク

「ちゅら海水族館」の所要時間まとめ!

「ちゅら海水族館」の館内で

どのようなプログラムが

行われているのか。

そんな主要プラグラム別での

時間を見ていきます。

 

◇サンゴの海

15分以内でサンゴの解説を行われます。

 

水槽にはサンゴが70種類以上

飾ってあります。

 

◇ちゅら海シアター

ハイビジョン上映で映像が楽しめ、

20分間海の中の雰囲気が味わえます。

 

沿岸から外洋まで沖縄人と海との

関わりがよくわかるので

沖縄文化に触れてみたい人もお勧めです。

 

◇熱帯魚の海

沖縄のサンゴ礁を再現した水槽で

変わった特徴を持つ魚などの

生態系の説明が聴けるプログラムです。

 

所要時間は20分ほどです。

 

サンゴがきれいと話題の場所です。

 

◇黒潮の海

「ちゅら海水族館」の有名な魚

マンタやジンベエザメの解説が

水槽前で行われます。

 

マンタが水中で泳ぐ姿や、

飼育員によるジンベエザメの迫力の餌やり

などが楽しめ人気の場所です。

 

1回15分くらいですが、

水槽解説がマンタとジンベエザメの

2種類あるので全て見る場合、

待ち時間が発生します。

 

◇黒潮探検

大水槽を水面上から

自由にみることができる

大人気のプログラムですね。

 

水槽の中にいるのは

ジンベエザメやマンタなので、

ものすごく迫力のある観賞ができます。

 

時間内ならいつでも見たいときに

見ることができるので、

人によりますが

平均10分くらいの所要時間となります。

 

◇わくわくアクアラボ

水族館の生き物なら

なんでもおまかせの飼育員が、

標本などを使って分かりやすく

海の生物の説明をしてくれます。

 

約15分くらいのものですね。

 

ここまでのプログラムについては

季節によって

時間が変わることもあるので、

行きたいプログラムは

確認しておきましょう。

 

水族館のプログラムと

詳しいスケジュールは公式ページで。

スポンサーリンク


「ちゅら海水族館」のトータル所要時間は?

では、「ちゅら海水族館」の

所要時間「2時間」

くらいが平均となります。

 

なお水族館内を見て回るのに

かかる平均時間で、

水族館の外の見学時間は含まれていません。

 

外にはイルカショーやウミガメ館、

マナティー館などがあり、

水族館の外の物も観賞できます。

 

当然どれくらい見るかによりますが、

所要時間「1時間30分」

は見ておきましょう。

 

また、

ここは人によりますが、

ご飯を食べる

所要時間「1時間」

お土産選び

所要時間「30分」

などもあると、

ちょっとした休憩なども考えると

トータルの所要時間は

「5時間」

くらいは滞在することになると思います。

 

どうでしたか?

自分の性格や人数、予定によって

当然時間は変わってきます。

 

ただ、

ある程度の予測はできると思いますので

参考にして下さいね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ