わんこそば1杯の値段相場はいくら?何杯でかけそば1杯分になるの?


この記事は約 3 分で読めます。

わんこそばを食べた事がありますか?

テレビなどで、空になったお椀が

テーブルの上に積み重ねられていって、

100杯を超えたという映像を

見た事もあると思います。

 

そのような事から、

興味が湧いて一度食べてみたい

と思った事はあるかもしれません。

 

そんな時、

わんこそばの値段がいくらなのか?

という疑問が出てきます。

そこで今回は

「わんこそば1杯の値段相場は?」

「何杯でかけそば1杯分になるの?」

などの疑問を解決していきたいと思います。

スポンサーリンク

わんこそばとは?わんこの意味は?

わんこそばとは、

岩手県の名物となっているそばの事です。

 

わんことは岩手県の方言で、

お椀の事を言います。

温かいそばを一口で食べられる

量だけお椀に入れます。

 

それを食べてお椀が空になるたびに、

給仕がそばを入れるという繰り返しで、

食べられるだけ食べ続けるという、

独特な食べ方をします。

一種のエンターテイメント性があり、

人気となっています。

 

記録では、

559杯食べたというものがあります。

 

それ以上食べたという話もありますが、

大会で1杯あたりの重さなどの規定がないので、

そばの量が違ってしまうため、

比較ができません。

わんこそばは何で始まったの?

起源については、2つの説があります。

 

1つは、元々祭りや宴会などの最後に、

客や関係者などに対して

そばを振る舞う習慣があり、

その際に、あまりに多くの人に同時に

振る舞わなければいけないので、

お椀で細かく分けて出す事で対応したのが

始まりという説です。

 

食べている間に、次の準備ができるので、

おかわりにも対応できるようになりました。

 

もう1つは、

南部の当主が花巻城を訪問した際に、

漆器のお椀でそばを出したところ、

大変気に入られて、

何度も繰り返しおかわりをしたのが

始まりという説です。

スポンサーリンク


わんこそば1杯の値段相場はいくら?

一般的には、

わんこそば10杯~15杯程度で

かけそば1杯分と言われています。

 

かけそばの値段相場が500円くらいです。

 

つまり、

わんこそば1杯の

値段相場は30円~50円

あたりが目安となるでしょう。

 

少ししか入っていないので

少し高く感じますね。

 

また、これはあくまで

「わんこそばの味」を楽しむという意味で

通販でも購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わんこそば つゆ付 10人前
価格:1645円(税込、送料別) (2018/2/12時点)

これは当然1人前の量が多いので

1杯150円程度で食べることができます。

 

では、

私たちが店で食べる場合は

いくらかかるのでしょうか?

わんこそば店の値段相場はいくら?

店によって様々ですが、多いのは

2500円から3500円程度で食べ放題

となっています。

 

つまり、3000円としたら、

60杯食べると

元はとれるのではないでしょうか?

 

また、

子供の場合は、

子供用の料金設定があったり、

割引があったりする事もあります。

 

大抵は薬味がついていて、

刺身や天ぷらなどをつけて、

飽きさせない工夫をしている事が多いです。

 

食べ放題だけでなく、

杯数が決まっているメニューもあり、

そのような店を選べば

1000円から2000円程度で

安く気軽に体験できます。

 

さらに、食べるだけではなく、

給仕の体験ができる店もありますよ。

 

わんこそばは給仕が次から次へと

お椀にそばを入れてくるシステムを楽しむ

一種のエンターテイメントです。

 

いかに早く、いかに多く食べるか

という事に注目されがちですが、

ゆっくりと自分のペースで楽しんで

食べる事に重点を置いた店もあります。

 

体験したい人は、

値段やメニュー・システムなど、

自分に合った店を探すと良いですよ。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ