十日町雪まつりの地図や周辺お勧め温泉を紹介!

雪国で育った方なら

子供の頃に雪だるまや雪合戦をした

記憶があるのではないでしょうか。

 

少し凝った方なら

雪でちょっとしたお城や

かまくらを作られた方も

いるかもしれません。

 

日本ではそんな雪を使って、

まつりが行われていますね。

 

大量の雪や氷を用いて

巨大な構造物を制作、展示を行うことが

この祭りの最大の特徴と言えるでしょう。

 

冬の風物詩とも言える

この雪祭りについて知名度が高い

十日町雪まつりの

開催期間,交通情報,地図情報

をご紹介したいと思います。

 

「十日町雪まつり」動画

スポンサードリンク

「十日町雪まつり」の2大イベント

雪まつりといえば札幌じゃないの?

という声が聞こえてきそうですが

今回ご紹介する

この十日町雪まつりは新潟!!

 

国内の雪祭りの中では

歴史の深いイベントとして有名です。

 

第一回目の開催は今から65年前の

昭和25年2月4日に開催されています。

 

国内屈指、世界有数の豪雪地帯なので、

“雪を楽しもう”という住民の考えから、

地域の活性化をはかるために

開催されたものと言われています。

 

このお祭りの目玉は

コンテスト方式で開催される

“雪の芸術作品”です。

 

芸術部門、特別部門、学童部門の

3つのカテゴリーに分かれて、

その作品の完成度を競い合います。

 

なお、

これらの作品は開催期間中、

市内各地に展示されます。

 

そして、

このイベントを彩るもうひとつの目玉は

祭りの最後を彩るにふさわしいものです。

 

イルミネーションと花火による

“雪上カーニバル”

が開催されます。

 

ここで使用される特設会場も

もちろん氷で形成されており、

そのステージの大きさは

ギネスワールドレコードで認定

を受けているほどの規模です。

 

北海道は遠すぎる、

札幌以外の雪祭りを体験してみたい

という方はぜひ新潟県十日町市へ

行かれてみてはいかがでしょうか。
 

スポンサーリンク


 

周辺お勧め温泉は?

十日町雪まつりに行くなら

必ず行っておきたい温泉があります。

 

それは十日町市西部に

「松之山温泉」

という温泉地です。

 

この温泉はかつての戦国武将、

上杉謙信が大切にしていた湯とも知られ、

この地域には11件の旅館が営業中です。

 

また、

松之山温泉スキー場もあります。
 

十日町雪まつりの地図、交通情報は?

 
◇電車で起こしになる方

①東京駅から新幹線で越後湯沢へ。

その後、北越急行の十日町駅下車。

 

②大阪駅から特急で金沢駅へ、

その後北陸新幹線の上越妙高下車。

北越急行の十日町駅へ。

 

◇車でお越しになる方

①【関越道】

・六日町IC→国道253号

・塩沢石打IC→国道17号から

県道大沢山トンネル経由し、県道76号

・越後川口IC→国道117号

 

②【上信越自動車道】

・豊田飯山IC→国道117号

 

③【北陸自動車道】

・上越IC→国道253号

※豪雪地帯の運転となりますので、

スタッドレスの着用や

タイヤチェーンの持参を

強くおすすめします。
 

十日町雪まつりの問い合わせ先は?

十日町雪まつり公式ホームページはこちら

Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ