高桑金属とは?会社やブランド、その特徴まとめ!

この記事は約 2 分で読めます。

高桑金属をご存知でしょうか?
 

カトラリーなどの金属洋食器の

メーカーとして知っている人もいると思います。
 

日本のカトラリーや洋食器というと

ノリタケや柳宗理などが有名ですが

質の良い製品を提供する

メーカーは他にもたくさんあります。
 

今回はその中のひとつ

「高桑金属」の会社、ブランド、特徴

についてまとめました。

スポンサーリンク

高桑金属とは?

高桑金属株式会社は、

家庭用向けのカトラリーを

はじめとするテーブルウェアやキッチン用品

ホテルやレストラン向けの

金属用品や調理器具などを

製造・販売する金属洋食器のメーカー

です。
 

江戸時代から金属加工産業が盛んで

国内最大の金属洋食器の産地である

新潟県燕市を拠点として

1961年に創業されました。

 
使いやすくきめ細かいシンプルな

デザインのものや自由な発想で

デザイン性の高いものなど

こだわりや探究心のある商品が

職人の手により数多く生み出されています。
 

その確かな知識と技術から作り出された

品質の良い商品は日本だけでなく

ヨーロッパやアメリカなど

世界でも認められています。
 

現在は、

「elfin(エルフィン)」

という名前のブランドを展開しています。
 

スポンサーリンク


高桑金属の特徴とは?


 
古くから続く金属加工産業が盛んな

土地で受け継がれてきた知識や技術を、

競争の激しい金属洋食器の

産地の中で磨き上げてきた職人が作り出す

製品の品質の良さや信頼

が最大の魅力です。
 

一つ一つ手仕事で丁寧に仕上げられた製品は

それぞれに微妙な質感の差が生まれ

一つとして同じものはありません。
 

そのわずかな色の濃淡の違いが

温かみとなり個性となる事で味わいのある

唯一無二の製品となっています。
 

もう一つの魅力は、

商品の種類やデザインの豊富さ

です。
 

家庭用向けだけでなくホテルや

レストランなどに製品を提供しているため、

カトラリーやキッチンツールの他にも

メジャーやドリッパーなどの

紅茶やコーヒーを入れるための

ツール、シェイカーなどのバーで

使うようなツールもあります。
 

デザインにおいても、

伝統的な知識や技術に縛られずに

洋食器の概念にとらわれない

デザインで作られた製品には

驚きや面白さが感じられます。
 

これらの製品には、

常に「より以上の」製品作りに

心がけている会社の理念が現れています。
 

 
高桑金属の会社と製品の魅力について

分かっていただけたと思います。
 

洋食器は世界の有名メーカーに

負けず劣らず、

日本にも世界で認められる

メーカーがいくつもあります。
 

その中の一つである高桑金属の

品質の良さや魅力に興味を持たれた場合は

是非購入して使ってみてください。
 

◇高桑金属株式会社情報

 

Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ