長野県上高地の見頃,日帰り場所,周辺スポットは?

長野県の上高地は

高い標高にもかかわらず

平地部がとても広いことで有名です。
 

ハイキングや高原の散策

に向いた地形となっており、

美しい風景を見るため

多くの観光客が

この地へ足を運んでいます。
 

今回はそんな長野県の上高地(かみこうち)の

見頃、日帰り場所、周辺スポット

についてまとめました。
 

スポンサードリンク

上高地ってどんなとこ?

長野県松本市安雲にある上高地は、

標高1500mの高原で、

日本でも有数の景勝地です。

 
上高地は通称「北アルプス」

として知られるアルピニストにも

憧れの飛騨山脈の南側に位置しています。
 

上高地は立ち枯れの木が並び、

幽玄とした雰囲気が漂う大正池、

穂高岳連邦や槍ヶ岳などが有名です。
 

1500m標高もある規模の

平地は日本でも珍しく、

上高地は国の

特別名勝・特別天然記念物

に指定されています。
 

目指すアルピニストが

宿泊する山小屋、横尾山荘までが

平地となっています。

 

スポンサーリンク

 

上高地の見頃は?

四季折々の美しさを

見せてくれる上高地ですが、

見頃は「夏(6~8月)」

となります。
 

梓川周辺の樹々は深緑となり、

高山植物の花々が咲き乱れ、

上高地の美しさを引き立てています。
 

雪解け水によって

水量が増した梓川のせせらぎは、

訪れる人々に心地よい

涼を与えてくれます。
 

遠くには

夏でも頂上付近に冠雪した

穂高岳連邦を臨むことができます。
 

さらに、夏でも涼しい

標高1500mの高原では、

快適にハイキングや観光を

楽しむことができます。

上高地へ日帰りで行ける所は?

上高地へは

①岐阜県の飛騨高山方面

②長野県の松本市方面

からなら日帰りでアクセスできます。
 

しかし、

時間に余裕があるのであれば、

ここで宿泊されることをお勧めします。
 

宿泊することによって、

河童橋、大正池、田代池、

明神池、明神、徳沢、横尾

といった数々の景勝地をめぐる

のに余裕をもつことができます。
 

上高地周辺のお勧めスポットは?

多くの景勝地の中でも、

「大正池

は特に素晴らしい

景色を見ることができます。
 

静かな水面がまるで鏡ように

雄大な穂高岳連邦を映し出す様は、

幻想的で神秘的な

雰囲気を醸し出しています。
 

鏡のような水面を眺めていると、

この中に引き込まれてしまうかのような

独特の景観美が

人々に畏怖の念を抱かせるためか、

板倉勝信は「山と雪の日記」で

大正池を「魔の池」

と表現しています。
 

日中は観光客やアルピニストで

賑わう大正池ですが、

早朝や夕暮れには

また違った表情を見せてくれます。
 

特にまだ薄暗い早朝には、

池の水面と山々に朝霧が漂っています。
 

うっすらと漂う朝霧の間から

覗く周囲の山々、立ち枯れの木、

鏡のような水面が織りなす

光景は幻想的で、

大正池がより一層神秘さを増します。
 

夕暮れや早朝の大正池が魅せる

素晴らしい表情を見ることができるのは

宿泊者ならではの醍醐味となります。
 

上高地の交通地図

 

Facebook にシェア
Pocket

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ